知らなきゃ非常識!


内祝いの常識について語ります!

内祝いとは?

内祝いには、結婚、出産、新築、入学など様々なものがあります。
現在では、内祝いは頂いたお祝いのお返しという意味合いが強くなっていて、
頂いた金額に応じての品物をお返しするものだと考えられています。

しかし、本来は内祝いとお返しとは異なるものです。
本来の内祝いは、家庭でお祝いごと、つまり内輪でのお祝いのことなのです。
家庭でおめでたいことがあった時に、
喜びの気持ちをお祝いの品に代えてみなさんにもおすそ分けをし、
ともに祝ってもらおうという風習なのです。

なので、本来はお祝いを頂く、頂かないに関わらないことなのです。
それゆえ、お祝いを頂くより先に内祝いを贈っても全くおかしくはないのです。

しかし、時代の流れとともに現在のように考えられることが多く、
昔ながらの考えで先に内祝いを贈ったのなら、先方は戸惑ったり、
あるいはお祝いを催促されたと勘違いすることもあります。

また、本来はお返しではないので、お付き合いの度合いやご縁によって
その品物は決められていました。

しかし思いがけず高額なお祝いを頂いた場合には、
あらためてお返しをしなければならないこともありました。

そのようなこともあり、現在では手間や余計な気遣いをする必要がないよう、
頂いたお祝いに応じてのお返しを内祝いとする考えが定着してきたのです。

結婚するとお祝い事が立て続けでお金がかかるものです。
FXはじめるなら独身のうちからのほうがおすすめです。